介護施設の「消臭・除菌」対策!費用対効果が高い「オゾン発生器」

施設の管理方法

介護施設の管理方法

高齢化社会が進む中、今後益々需要が拡大するとともに、重要性が増してくるのが「介護施設(デイサービスなど)」です。

そんな介護施設(デイサービスなど)の管理・運営をする上で、最も重要な課題のひとつとなっているのが「臭い対策」「細菌対策(細菌感染対策)」です。

目次

介護施設(デイサービスなど)を管理・運営する上で必須な「消臭・脱臭」「除菌」。(臭い対策・細菌対策)

介護施設の除菌&脱臭

介護関連施設(介護付き老人ホーム・グループホーム・介護保険施設・ケアハウス・デイサービス施設など)は、「衛生」に関して最も気を配っている施設のひとつです。

何かしらの疾病を抱えていたり、基礎体力が衰えている高齢者の多くが「免疫力が低くなっている」もの。

普通の体力(免疫力)を有している人であれば、まったく問題とはならない細菌・ウィルス(風邪など)に対しても、時には、命の危険を生じてしまうようなケースもあるものです。

また

介護施設(デイサービスなど)においては、「臭い」に関しても、特殊性が生じやすい環境となっています。施設空間を日々の清掃によって、どんなに衛生的に保っていたとしても

  • 加齢臭(体臭)
  • 排泄臭
  • 汗の臭い
  • トイレの臭い
  • 特殊な腫瘍の臭い

などがどうしても、感じられやすい空間環境となるもの。

ゆえに、介護施設(デイサービスなど)においては、「消臭・脱臭」「除菌」の対応が必須となっています。

※具体的・効果的な消臭・除菌方法を早く知りたいという方は、こちらオゾンクラスター1400の詳細
を先にご覧いただければと思います。

介護施設(デイサービスなど)の「消臭・脱臭」「除菌」を行う上で最もコストパフォーマスが良いのが「オゾン発生器」の活用です。

「介護施設」「宿泊施設」などにて”消臭・除菌”対策として活用されているのが下記4つの施策です。

  • 消臭スプレーの活用
  • 空気清浄機の活用
  • 消臭・除菌サービス(外注サービス)の活用
  • オゾン発生器の活用

ただ、現状として「介護関連施設」において活用されているのは「オゾン発生器」もしくは「消臭・除菌の外注サービス」となっています。

「消臭・除菌の外注サービス」においても、消臭・除菌対策として使用ているのが「オゾン発生器」です。

ゆえに、実用的・効果的な消臭・除菌対策として活用されているのが「オゾン発生器」なのです。

「消臭スプレー」は費用対効果が低い。

2018年12月に札幌市内にて”大規模なガス爆発事故(不動産事業者)”がありました。そこで、注目されることとなったのが「消臭スプレー」です。

不動産事業所内に、”数百本”もの消臭スプレーが保管されてあったんですよね。

そのこそからもわかるように、一般家庭であれば問題ありませんが、事業関連の居室の消臭(介護施設、宿泊施設など)を”消臭スプレー”で行おうとすると、非常に大量のスプレーを消費することとなってしまうのです。

さらに、消臭スプレーはあくまでも”一時的な消臭”であり、効果が低いのです。

ゆえに、介護関連施設の消臭対策には不向きとなります。

  • 一時的な脱臭でしかなく効果が弱い
  • 消臭スプレーを大量に消費する
  • 人手による時間がかかる(カーテンなど隅々まで、スプレーを吹きかける必要があるため。)

「空気清浄機」の活用の課題。根本的な「臭い&除菌対策」とはならない。

空気清浄機の活用

近年、空気清浄機の性能が格段にUP。お部屋の空気の浄化にとっては、とても効果的なアイテムとなっています。

ただし、「空気清浄機」というのは、室内の空気を吸い込み、フィルター等を通して空気を室内に戻す仕組み。室内に漂っている臭いは取れますが、壁・天井・床やカーテンなどに染み付いた臭いは取れないのです。

日々衛生に気を配っている介護施設にて、課題となっている”臭い”は、壁・天井・床・カーテン・備品に染み付いているもの。

そう・・「お部屋の掃除をしっかりやっているのに、何故か不快な臭いが消えない・・」

のは、臭いの元となる要素(臭いの分子)が「壁・天井・床・家具など」にこびり付いているからなんですね。

ゆえに、「空気清浄機」では、本質的な解決(施設空間の脱臭)には至らないのです。

しかも、空気清浄機の場合は、基本的に各部屋ごとに空気清浄機を設置・稼働しておく必要があるもの。初期費用&ランニングコストもかさんでしまいますので、介護施設などには不向きなのです。

  • 空気中の消臭しかできない
  • カーテン・壁紙などの”除菌”ができない
  • 各部屋ごとに稼働し続ける必要が生じてしまう

日常的な「清掃」では、十分な細菌対策とならない時も。

介護施設において、「人手不足」は、とても大きな課題となっています。

そんな状況下で、「日々の清掃」を徹底していくことは、正直、かなりの負担となるもの。

日々の清掃を心がけることで、「カビ」「細菌」「ウィルス」の繁殖を抑えることができます。

ただし、季節によって「インフルエンザの流行」など、どうしても日々の清掃だけでは、効果的な対応とならない時があるものです。

  • 介護施設では人手不足が深刻な状況。本格的な除菌清掃を毎日継続するのは、かなりの負担となるため、現実的にはなかなか実施できません。
  • カーテン・壁クロスなどの消臭・除菌ができない

現実的・効果的な除菌&消臭対策が「オゾン発生器」の活用となっています。

現在、「介護施設」「病院施設」「宿泊施設」「飲食施設」などの本格的・効果的な消臭・除菌対策として、”オゾン発生器”の活用が主流となっています。

オゾン発生器による除菌・消臭の実施方法としては

  • 消臭・除菌の専門業者へ依頼(サービスの活用)
  • オゾン発生器を所有して活用

の2つの選択肢が存在しています。

 専門業者への「消臭・除菌」の依頼は、コスト負担が大。

大規模な病院施設や介護関連施設などの場合は、定期的に「専門業者へ消臭・除菌を依頼」しているケースがあります。

これによって、空気清浄機などでは、対処できなかった、本格的な施設空間の「除菌」「消臭(脱臭)」を行うことができます。本当の意味で、除菌&脱臭の効果が期待できる対策となるわけです。

ただし、なんといっても大きな課題となるのが、『コストの負担が大』となるということです。

例えば、価格事例を示すと

※専門業者(ダスキンの場合)による「室内消臭料金事例(室内毎)」

  • 30㎥未満:¥38,800円~
  • 30㎥~60㎥未満:¥69,984円~
  • 60㎥~120㎥未満:¥160,704円~
  • 120㎥~500㎥未満:¥222,912円~

が平均的なサービス内容(料金)となっています。

基本的に「部屋単位」で料金が発生するケースが多いので、部屋数が多い程、費用がさらにかさむこととなります。

大きな病院施設などでは、あまり問題とはならなかったとしても、「介護関連施設」においては、定期的なコスト負担はかなり大きな課題となるものですよね。

オゾン発生器(業務用)の効果!”介護施設”に最適な「脱臭&除菌対策」。

オゾン発生器

現実的&効果的な除菌・消臭対策として、現在多くの事業者が導入してきているのが『オゾン発生器』の所持・活用なのです。

※こちら(オゾン発生器オースクリアー2の口コミ・活用事例)に、様々な事業者のオゾン発生器活用事例&口コミ・評判が記載されていますので、ご参考に。

オゾン発生器の利用が拡大している理由が。

  • 部屋内の全ての臭いを脱臭できること。
  • 部屋内の除菌も行えること。
  • 部屋にオゾン発生器を置いて、稼働させておくだけで良いので人手がかからないこと。

です。

「消臭・除菌効果」が高いことはもちろんのこと、人手の少ない介護関連施設においては、「人手がかからない」ことが大きな魅力となっているようです。

”オゾン”は、悪臭のにおい分子を強力に酸化。においの無い物質に変化&分解させることで、においを無とする作用があるのです。

オゾン発生器は、そんな”オゾン”をお部屋空間に大量に放出。お部屋の様々な”臭い”を脱臭。「臭い分子」そのものをオゾンが分解してしまうのです。

ここが”フィルター”を通じて消臭する「空気清浄機」と大きな違いなんですね。

「壁・天井・床」「カーテン」などに付着している”臭い”も脱臭してくれるのです。オゾンを使えば次亜塩素酸ナトリウムや脱臭剤で取れない臭い、例えばペット臭なども取ることが出来ます。

私も建築士としての仕事を通じて、「オゾン発生器」を活用して、効果を得たことから、”オゾン”の実用性の高さを実感しています。

オゾン発生器は、現在、「家庭用」の手軽に活用できるものから、「業務用」の高機能なものまで、いろいろなものが販売されています。

最もで軽に「購入&活用」出来るオゾン発生器だと

例えば、こちらの「オースリークリア2(300mg/hrのオゾン生成量)」という商品なら、現在セール価格「¥53,487円(税込)」で購入可能となっています。(定価は、¥86,184円)



先ほどの「専門業者の料金」と比較してみていただければ、どれだけお得か(コストパフォーマンスが高いか)がわかるかと思います。

業者に「1部屋消臭を依頼する料金」で、オースリークリア2が買えてしまうことに。

何部屋でも何度でも、使用出来る方が、いいですよね。

「オゾン発生器」の作用・効果。

オゾン発生器は、閉め切ったお部屋の中に、”オゾン”を放出。オゾンの作用によって、本格的な「脱臭」「除菌」が行える機器となります。

  • 脱臭・消臭
  • 除菌

の他に

  • 害虫対策(ダニ対策など)
  • インフルエンザ対策

などにも効果を発揮するのがポイント。

実際、「オゾン発生器」は、日本の主要な空港での配備が行われており、新型インフルエンザへの効果(対策)があることなどが認められています。

介護施設においては、「インフルエンザ」は最も脅威を感じる要素のひとつですよね。インフルエンザが流行している時期に、オゾン発生器を適時、使用することで、効果的なインフルエンザ対策を実施することが可能となるわけです。

そんな「オゾン発生器」を購入して、施設運営者自身で活用していくことが、最もコストパフォーマスの高い「消臭&除菌対策」となるのです。

オゾン発生器の種類によっては、様々な場面で利用されている「オゾン水」も作ることが可能となっています。

自分のところで、使用したい時に、使いたいだけ、「オゾン水」が作れて、除菌に活用できるのも大きな魅力となっているようです。

最新アイテム:オースリープレミアム(O3 PREMIUM)

オースリープレミアム

※最新情報を追記させていただきます。

人が不在の時に短時間で稼働させて「脱臭・除菌など」を行ってしまうという使い方が適している状況では、後ほどご紹介する「オゾンクラスター1400」が最適なアイテムとなります。

しかし、人が在籍している環境下にて、稼働し続けることで「脱臭・除菌など」を行いたいという方におすすめなのが

オースリープレミアム(O3 PREMIUM)

です。

最大の特徴をピックアップすると下記となります。

1)人がいる環境下にて使用出来ること。

基本的に「オゾン発生器」は、”人がいない状況下”にて使用するものなのですが・・。

こちらの”オースリープレミアム”の再対゛の魅力が「人がいる状況下で使用することが出来る」ことです。

この特徴に多くの需要が集まってきているようで。

*東京都の救急車への設置率が”100%”に!
*病院の待合室への設置需要増加。
*介護施設の供用部への設置需要増加。

などの大きな反響があるようです。

特に「救急車への設置率」が高まったことが、”安全性”と”除菌・脱臭の効果”の実証として認知されたのが様々な施設への活用へ繋がったのではないかと推察しています。

2)除菌・脱臭に加えて、「ダニ」「花粉」の除去も可能に。

オースリープレミアムから放出される”プラズマオゾン”によって、「ウィルス・細菌の除菌」及び「悪臭の脱臭」の効果が期待できるのですが。

さらなる効果として、「花粉の除去」「ダニの除去」「カビの除去」にも効果があるのが大きな魅力となっています。

※詳しいデータはこちらの公式サイトをご確認ください。

そう・・”アレルギーへの対策”にも有効なのです。近年、花粉症やダニアレルギーなども、増加傾向となっています。

介護施設においても、重要なケア要素となっていますよね。

そんなアレルギー対策も行えるのは、単なる消臭剤や空気清浄機では対応できない要素。オースリープレミアムならではの魅力です。

実際、私も建築士の仕事を通じて

・自宅介護をしている家庭
・クリニックの待合室

にて、 オースリープレミアム をご提案。導入実績が増えています。

個人住宅の場合は、少々”お値段が高い”と感じられるのでは・・と思っていたのですが。

部屋全体(天井・壁・床)及び家具・カーテンなどすべての「除菌&消臭」がオースリープレミアムのみで、行えてしまうことに大きな魅力を感じられるケースが多く

実際、コスパ的にもオースリープレミアムを購入してしまった方が、他のお手入れ方法よりも、安上がりとなるという結果に。

*人がいる状態で稼働できる

いうのも、個人宅においては、特に大きな魅力となってるいるようです。

オースリープレミアム公式HPはこちら

介護施設(デイサービスなど)の「臭い&除菌対策」!最もおすすめのオゾン発生器が「オゾンクラスター1400」です。

オゾンクラスター1400

まず、知っておいていただけきたいのが「オゾン発生器」には、機能の違いによって、様々な種類があるということ。

ただ、「脱臭能力」「除菌能力」というのは、単純に『オゾンの発生量(オゾン創出・放出量)』によって決まります。何か、「特別なオゾンがあるわけではない」ということなんですね。

オゾン発生器の機能差の主な要素が

  • オゾン発生能力
  • オゾン水が作れるかどうか

なのです。

「オゾン発生器」を大まかに分類すると、「家庭用のオゾン発生器(脱臭器)」と「業務用のオゾン発生器(脱臭器)」があります。

「脱臭・除菌能力」は先ほどお話したように、『オゾンの発生能力』によって決まります。

オゾン発生能力は、「1時間あたり、何ミリグラムのオゾンを発生できるか」で示されています。

「家庭用のオゾン発生器」の場合は、「1mg/時間~25mg/時間」。

本格的に「業務用」と呼べるオゾン発生器の場合は、「800mg/時間~1500mg/時間」のものが対象となっています。(研究施設用などとして、2000mg/時間以上のオゾン発生器も存在しています。)

介護施設にて、脱臭・消臭・除菌の効果を得るには、当然、業務用となります。目安としては、「1000mg/時間以上」のオゾン発生能力を有しているアイテムが対象となります。

ただ、本格的な「業務用のオゾン発生器」となると、『50万円~100万円』の価格が相場となっています。

そんな中、介護施設・病院施設・食博施設にてシェアーを伸ばしているのが、こちらの「オゾンクラスター1400」です。

実際に、「どのような効果があるのか」「どのように使用するか」などは、こちらのオゾン発生器「オゾンクラスター1400」の使い方&導入事例(評判)(公式HP)を見ていただいた方が、わかりやすいかと思います。いろいろ、写真やデータなとがわかりやすい表記されていますまで。

”オゾンクラスター1400”は商品名にも記載されているように、オゾン発生能力が「1400mg/時間」を有しているハイスペックな業務用モデル

それなのにも関わらず、なんと価格が一般的な業務用モデルと比較して、約半額となる『24.8万円(税別・送料無料)』なのです。

まあ、先ほどご紹介した「家庭用オゾン発生器(オースリークリア2)」と比較すると、高額なアイテムとなりますが、「機能(消臭力)」に大きな違いがありますので、単純に比較は出来ないように感じています。

オゾン発生器の比較

オースクリアー2」と「オゾンクラスター1400」の一番の違いは”使用時間”です。

部屋の広さなどによって使用時間は大きく変わりますが、「オースクリアー2」だと、消臭・除菌作業に「3時間~6時間程度/部屋」かかるところを「オゾンクラスター1400」なら、「30分~1時間程度/部屋」で対処可能となります。

一日に脱臭できる部屋数に差が生じるとともに、「手間」の量にも差があるのです。

ちなみに、「専門業者へ除菌・消臭を外注」したときの、費用は条件によって、幅がありますが・・。

¥40,000円~¥150,000円/20㎡(6畳)

が相場となっています。

仮に、1部屋(6畳)¥50,000円にて、5部屋の消臭・除菌を依頼したとすると

¥50,000円×5部屋 =¥250,000円

が必要となるわけです。

一回外注依頼をした費用で、「オゾンクラスター1400(¥248,000円)」が購入できてしまうわけです。

「オゾンクラスター1400」のデメリットは?

「費用対効果」はかなり高いことがわかっていただけたかと思いますが、「オゾンクラスター1400」の利用において、何かデメリットが無いのか?がやはり気になるところですよね。

私も当初、いろいろ調べたましたが、正直、特別大きなデメリットとなる要素は見当たりませんでした。

ただ、しいて言うと一点、「注意点」があります。

それが、原則「無人の状態でオゾンクラスター1400を使用する必要がある」ということ。

”高濃度のオゾン”を人が大量に吸引してしまうと、少々影響が生じる可能性があるからなんですね。

ただ、「薬品」などとは、大きく異なり、オゾンはもともと大気成分のひとつで”オゾン濃度”が低ければ、オゾンが存在していたとしても、まったく問題はないのです。

しかも、早々に分解されてしまう性質がありますので、残留してしまうことはありません。

・作業基準 0.1 ppm(0.2 mg/m3)
・室内基準 最高 0.1 ppm 平均 0.05 ppm (日本空気清浄協会)
・業務用のオゾン発生設備等 0.1 ppm を超えた場合、警報を発する手段を講じる

目安としては、上記濃度が基準として示されています。

オゾンクラスター1400の通常使用にて、上記基準を上回ることはありません。(実際にオゾンクラスターを使用した事故事例を見出すことはできませんでした。)

「オゾンクラスター1400」の使い方。

何も特別なことはありません。

単に、「タイマーをセットして、スイッチON」すれば、それでOK。

室内を閉め切った状態で使用するのが最も効果的です。室内にオゾンクラスター1400を設置して活用することもできますし、室外(廊下など)に設置して、専用チューブにて、室内へオゾンを放出する使い方も推奨されています。

詳細はこちらの公式HPをご参照ください。

「オゾンクラスター1400」のメリット

お部屋の本格的な「脱臭・消臭」「除菌」がてきる以外のメリットに関して、記してみたいと思います。

1)寝具(布団・シーツ・枕)の消臭・除菌が可能に。

枕・シーツ・布団などを大き目のビニール袋の中に入れて、そこにオゾンクラスター1400から専用チューブよにって、オゾンを流入することで、消臭・除菌が可能となります。

2)オゾン水の生成が可能。清掃時の様々除菌に活用できます。

「オゾンクラスター1400」には、殺菌能力を有する「1ppm濃度のオゾン水」を生成する機能があります。「消毒薬」などは、やはり化学成分の身体への影響が懸念される要素。「オゾン水」であれば、安全な殺菌・除菌(清掃)が可能となります。

3)約6年間は、特別なメンテナンス不要で利用できる。

他の商品(オゾン発生器)では、日々の利用にあたり、定期的なメンテナンスが必要となります。対して、シンプルな構造で作られている「オゾンクラスター1400」は、約6年間、メンテナンスフリーで活用できるもの。「手間」と「コスト面」でとても嬉しい要素に。

「オゾンクラスター1400」は、こちらの公式オンラインSHOPのみで販売されているアイテムです。商品の詳細確認・ご購入をご検討している方は、「オゾンクラスター1400公式HP」をご参照いだたければと思います。

*関連情報 >> 賃貸住宅経営・民泊などに必須な部屋の「臭い&除菌」対策とは!

オゾン以外の消臭・除菌方法:次亜塩素酸

加湿器と同じ様な感覚で利用できる”次亜塩素酸噴霧器「ZiACO(ジアコ)」”

”オゾン発生器”以外で本格的な「消臭・除菌」ができるアイテムとして利用者拡大が見込まれているのが、宅配水メーカーNo.1「クリクラ」の新サービス”次亜塩素酸噴霧器ZiACO(ジアコ)”のレンタルサービスです。

”加湿器”と同じ様に各部屋にて常時稼働(半日以上)させておくもの。

ゆえに、”オゾン発生器”のように一台ですべての部屋を除菌・消臭できるわけではありませんので、費用対効果としては”オゾン発生器の購入”の方が高いものとなります。

ただ、施設運営上「レンタルサービス」の方が導入しやすいというケースにて、最適なアイテムとなりそうです。

ZiACO(ジアコ)の3つの特徴

【1】宅配水メーカーNo.1「クリクラ」の安心感!  ジアコは、クリクラの原水(RO膜処理水)を原料。  お肌にやさしい弱酸性~中性です。しかもノンアルコール!

【2】優れたウイルス除去効果  次亜塩素酸の強い参加作用で菌やウイルス除去に効果的。  浮遊しているウイルスであれば20分で99%以上※を除去します。  ※一般社団法人 北里環境科学センター調べ

【3】コンパクト&パワフルな噴霧器  専用噴霧器は場所を取らないコンパクトサイズ!  家庭だけでなくオフィスなど、様々な空間でご利用いただけます。

現在、こちらにて【無料お試し】実施中となっています。次亜塩素酸水溶液と噴霧器をセットで 無料レンタルが可能に。

まずは、無料でお試ししてみて、効果と使いやすさが実状に適しているかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。


併せて読みたい「除菌・消臭」関連情報

  1. 賃貸住宅経営・民泊などに必須な部屋の「臭い&除菌」対策とは!
  2. 病院・クリニックの待合室の課題!除菌・脱臭※建築士が語る