おすすめの外壁塗装業者!東京・神奈川・埼玉・千葉が対象エリア

住宅のメンテナンス

外壁塗装

戸建て住宅のメンテナンス要素として、”外壁塗装の塗り直し”が大切な要素であること、及び、戸建て住宅の外壁塗り直しをする上で最も、おすすめ出来る施工業者となるのが「ネットワーク型塗装専門業者である」ことを下記記事にて、お話させていただきました。

 

建築士の仕事を通じて、お勧めできる外壁塗装専門業者。

そこで、事例として、実際に私が建築士としての仕事を通じて、おすすめすることが出来る”ネットワーク型塗装専門業者”は何か?について、具体的な業者をご紹介したいと思うのですが・・・。

まず、その前に比較検討対象となる「ネットワーク型塗装専門業者」と「外壁塗装業者の一括見積サービス」との利用上違いについてお話しておきたいと思います。

外壁塗装業者の一括見積サービスは、工事に関する責任を一切負わない”見積もり比較”のみのサービスです。

近年、ネット上にて完結できる”外壁塗装業者の一括見積サービス”といったサイトが複数登場しています。

利用者側で選定した各地域の”工務店””リフォーム業者””塗装専門業者”から、一括して「外壁塗装の見積もり」を入手することが出来る内容となっています。

個別に複数業者から、見積もりを取ろうとすると、見積もり提示を受けた後も、必然的に各業者からの営業連絡(メール・電話となど)を受けることとなるもの。

”外壁塗装業者の一括見積サービス”を通じて、見積もり依頼すると、そんな”煩わしさ”が無くなることが、「複数業者の見積もり比較が手軽に出来る」ことと共に、一括見積サービスのメリット(利点)となっています。

ただし、課題として認識しておかなければいけないのは、「一括見積サービス側では、工事に関連した責任は一切負わない仕組みとなっている」ということです。

”ネットワーク型塗装専門業者”の場合は、あくまで自身が外壁塗装工事を請け負う形となります。工事に関連するトラブル・施工ミスなどに関する責任も、ネットワーク型塗装専門業者が背負う形となっています。

工事に関する責任を担っているからこそ、「品質」「対応」「価格」が一定基準以上を保てる内容に。

簡単に言えば

一括見積サービスにおいては、「技術力(品質)」「対応力」「価格」は、一定基準を保てていない施工業者(塗装業者など)が多々混在している可能性がある。

ということ。

結局は、依頼者側で各施工業者の内容(技術力、対応力、価格)をあらためて精査する必要が生じて来るのです。

対して、比較上の話ではありますが・・。

ネットワーク型塗装専門業者においては、工事に関する責任を自ら担っているからこそ、「品質」「対応」「価格」が一定基準以上を保てる内容となっている。

のです。(まあ、世の中、どんな要素にも当てはまることですが。もちろん例外も存在しています。低品質なネットワーク型塗装専門業者も当然、存在しておりますので。)

ゆえに、”外壁塗装の一括見積サービス”では、「ネットワーク型塗装専門会社選びを行うために活用する」のが、好ましい利用方法となるものと思っています。

ちなみに、良く利用されている外壁塗装の一括見積サービスには、下記のようなサイトがあります。

ネットワーク型塗装専門業者の選別ポイント!

良心的な”ネットワーク型塗装専門業者”を選ぶ上で、重要視しておくべき選別ポイントとなるのが、下記3要素です。

  1. 直接工事費以外の費用(間接工事費・経費)も含んだ見積もり提示となっているか。
  2. 塗装の施工標準となる「3度塗り(下塗り+中塗り+上塗り)」となっているか。
  3. 最低”3年間”以上の保証期間となっているか。

上記3つの要素を有している、塗装専門業者(ネットワーク型)を選ぶようにしていただければと思います。

1)必要な費用のすべてが含まれた見積書となっているか?!

一般の方が、”見積もり比較”をする上で一番の課題となるのが「見積もり項目の有無・必要性を判断できない」ということです。

私(建築士)のような専門家は、当然、外壁塗装工事を行う上で”何か必要なのか”を判断できるわけですが、外壁塗装工事といっても、実際にはかなりケースバイケースなもの。必要な要素にも違いが存在しています。

ただ、ひとつの目安として、理解しておいていただきたいのが、外壁塗装の塗り替えを行う上では、直接的な外壁塗装費用(直接工事費)以外にも、間接工事費(養生など)及び経費が必要となるもの。

具体的には、下記要素が見積書に含まれているかどうかをチェックしておくことが大切なポイントとなります。

  1. 近隣へのご挨拶
  2. 足場
  3. 養生
  4. 洗浄
  5. 飛散防止ネット
  6. 目地コーキング補修
  7. 下地補修
  8. 下地調整
  9. 現場の掃除片付け
  10. 廃材処分
  11. 交通費(駐車場代など)

 

2)塗装標準仕様となっているか「3度塗り」?!

機能的(塗装の耐久性)なことを考えると塗装の標準施工手順となる「3度塗り(下塗り+中塗り+上塗り)」となっていることが大切な要素となります。

ただ、近年、塗装性能が向上していることもあって、”下塗り””中塗り”などを省いた「2度塗り」でも、仕上がりは美しく見えるようになっているんですね。でも、塗装の耐久性を考えた時には、「3度塗り」とするのが好ましいのです。

格安価格を提示する塗装業者の場合、「2度塗り」としているところがありますので、ご注意を。

3)最低”3年以上”の保証期間となっているか?!

塗装の不具合(施工ミスなど)は、塗装工事完了時点では、わからず・・数年経過してから表面化してくるケースが少なくありません。

ゆえに、少なくとも”3年以上”の保証期間が付いているかどうかは、ぜひ、重要視していただければと思います。

外壁塗装の工事費目安について。

外壁塗装業者選びをする上で、”外壁塗装の工事費用目安”も知っておきたい要素のひとつとなるかと思います。

ただ、外壁塗装工事の費用は、かなり幅があるのが実情なんですね。”使用する塗装種類”や”施工業者(ハウスメーカーor工務店orリフォーム業者or塗装専門業者)”によって、大きな価格差が生じているからです。

ですから、単純に”平均価格”を示すことに意味があるのかどうかは、微妙なところではありますが・・。

一般的な”30坪(外壁面積換算で、約130㎡程度)”の戸建て住宅にて「外壁塗装(シリコン塗装)」のみを行った場合(実際には屋根の塗り替えも同時に行うことも多いのですが、複雑化してしまいますので、外壁塗装のみを行った場合にて表記いたします。)の平均的な価格(工事費)が『約70万円』となっています。

実際には、工事費用には地域差(地方と大都市圏では、価格差が大きい)が存在していますので、”地域性(物価)”も考慮する必要があります。

そういう意味で、外壁塗装工事の妥当な費用範囲と言えるのが、「30坪(外壁面積換算で、約130㎡程度)、シリコン系塗装」の条件にて

*45万円~75万円(外壁面積約130㎡程度、シリコン系塗装)

となるものと思います。

安価(20万円台・30万円台/30坪)な見積もり内容には要注意!

外壁塗装の見積もり比較をすると、とても安価な見積もりを提示する塗装業者と遭遇することがあります。

”30坪(外壁面積 約130㎡程度)”の戸建て住宅に対して、20万円台・30万円台の見積もり費用提示をしてくる塗装業者が存在しているんですね。

ただ、そんな見積もり内容には、”何かが不足している”と考えていただければと思います。

「間接工事費用・経費の項目不足」だったり、「塗装の二度塗り」となっていたり、何か課題が隠されているものです。

そのような業者に工事依頼をすると、結局は、「追加費用」「オプション費用」といった形で費用請求されることとなり、最終的には、”100万円を超える工事費”となってしまうようなことも、現実に存在しています。ご注意を。

関東地域(東京・神奈川・埼玉・千葉)を対象とした、おすすめの外壁塗装専門業者のご紹介。

私は、神奈川県を拠点として活動しています。

具体的な外壁塗装専門業者(ネットワーク型)をご紹介する上では、やはり実際に私が関わったことのある業者の中から厳選することが大切なものと考えます。”実感”が伴ってないいと、とても、おすすめすることは出来ませんからね。

ですから、必然的に関東地域(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部・栃木南部・群馬南部)が対象となりますが、現時点で、私くが最もおすすめできるネットワーク型外壁塗装専門業者となるのが、こちらのペンキ王です。

厳選する上での基準となるのが、「価格力」「対応力」「技術力」の3要素

今回は、この3要素に対して、すべて標準以上となっている塗装専門業者(ネットワーク型)の中から、”価格力”に最も長けている塗装専門業者をピックアップしてみました。

まあ、”技術力”に最も長けた業者は、他に候補が存在していますが・・高い技術力を有していることは、必然的に高価格となるもの(価値に見合った価格)。美術館などの塗装工事においては、”技術力”を最優先とすることもありますが、住宅においては、”価格力”を重視(すべての基準を満たした中で)すべきと考えました。

ネットワーク型外壁塗装専門業者”ペンキ王”の特徴。

当たり前のことではありますが、”ペンキ王”をお勧めとしてピックアップしたのは、ここまで重要ポイントとして記してきた各要素をすべて満たしている外壁塗装専門業者だからです。

ペンキ王の公式HPはこちら。

具体的な特徴を列挙すると下記となります。

  • 完全ネットワーク型の外壁塗装専門業者である。
  • 最初の見積もり時に、”すべての費用込み”の価格が提示される。
  • ”3度塗り(下塗り・中塗り・上塗り)”の施工。
  • 塗装工事に関して、「5年間の保証付き」。
  • 外壁塗装の工事価格目安が「45.9万円」。(30坪、シリコン系塗装仕様)
  • 対応地域は「東京・神奈川・埼玉・千葉」。

1)完全ネットワーク型の外壁塗装専門業者

ネットワーク型外壁塗装専門業者には、「企業型」「完全ネットワーク型」が存在しています。

「企業型」は、”総務・経理・広報”といった間接部門(担当者を選任するケースが多いです。)や営業部門を有する塗装専門業者となります。主に、”営業担当者による営業活動”がなされているのがポイントとなります。

対して、「完全ネットワーク型」と呼んでいるのは、間接部門は保有せず、”営業担当者による営業活動”を行っていない仕組みを意味しています。

ペンキ王は、希少な完全ネットワーク型の外壁塗装専門業者となっています。

後述する”価格”に関連する要素となりますが、”営業担当者を有さない”ことによって、営業人件費が大幅に削減されているんですね。

しかも、一般的には、「販促用チラシの活用」を行っている業者が大半なのですが、ペンキ王は、”販促用チラシを活用していない”とのこと。実は、”チラシ活用”する上では、かなりの費用がかかります。

営業コスト(チラシ不使用、営業人件費)が大幅に削減されていることが、大きな価格力に繋がっている最大の要因と感じています。(ちなみに、ハウスメーカーなどと比較すると中間マージンは、ペンキ王の場合、約1/13となっているとのことです。)

見積もりが”すべての費用込みの価格”で提示。

見積もりがしっかりと”すべての費用込みの価格”で提示されるのは、利用者にとって、嬉しい要素(本来は、当然そうあるべきなんてすけどね。)となるものです。

外壁塗装の直接工事費に加えて、「近隣へのご挨拶・足場・養生・洗浄・飛散防止ネット・目地コーキング・下地補修・下地調整・現場の掃除片付け・廃材処分・交通費」といった、間接工事費&経費が見積もりに含まれています。

外壁塗装の工事価格目安が「45.9万円」。(30坪、シリコン系塗装仕様)

おそらくは、一般的な戸建て住宅仕様において、実質的に最安値と言える価格帯となっています。

最初は・・「ちょっと安すぎるかな?」と感じて、”不足要素の有無”が気になって、検証したのですが、先にお話したように、外壁塗装工事として、すべて標準以上と言える内容でした。

まあ、特殊な条件下(建物仕様、特殊な塗料を使う)では、標準的な価格と思える時もありましたが、それでも、十分に低価格と呼べる内容でした。

塗料も、高い品質を誇る「日本ペイントの塗料」が活用されていました。

品質が疑問視されるような、無名の輸入品塗料などを使用することで、”低価格”としている業者もわずかながら存在していますからね。

高品質(塗料)と価格力を有しているのが、ペンキ王の最大のおすすめポイントとなります。

ペンキ王の詳細に関しては、こちらの公式HPをご参照いただければと思います。





「家のお手入れ・メンテナンス」の関連情報!

  1. お風呂(浴室)リフォーム時に「給湯器」の交換も検討しましょう!
  2. 網戸の張替え料金!相場と最安値を建築士がご紹介。
  3. 空き家の放置は損害賠償に繋がることも?!適切な家の管理
  4. アパートのリフォームにて「壁面収納」が役立つ理由とは?!
  5. 「窓」のリフォームにて「防音」を重視?それとも「換気」を重視?
  6. 壁の「防音」リフォーム!賃貸マンションでも手軽に行える防音対策
  7. 戸建住宅の”雨どい”メンテナンス(掃除)いつ頃お手入れをするべきなのか?
  8. 些細な住宅(戸建て・マンション)修繕にも”火災保険”が活用できる可能性が?!
  9. 引越しは”不用品・粗大ごみ”を処分するのに最適な機会と捉えましょう!
  10. 東京・神奈川・埼玉・千葉を対象エリアとしたおすすめの外壁塗装業者!
  11. 外壁(塗装)のメンテナンス。建築士がおすすめ出来る外壁塗装業者とは?!
  12. ※デメリット※フローリング・コーディングの必要性は!?
  13. ※要注意※フローリングの汚れ・黒ずみに重曹・炭酸は使わないで!

2018年11月1日住宅のメンテナンスメンテナンス, 外壁塗装

Posted by baum