介護施設・クリニックの停電対策に!工事不要の蓄電池を導入しませんか?

施設の管理方法

介護施設・クリニックの停電対策に

近年、リスクが高まっているのが「停電」です。年々電気への依存度が高くなっている状況にて、停電対策はとても重要な要素となっています。

特に体力が低下している人々が集う、「介護施設」「クリニック」などでは、停電による影響が大きくなるもの。

ここでは介護施設・クリニックにて手軽に導入できる停電対策「蓄電池」をご紹介したいと思います。

重要性が増している介護施設・クリニックの「停電対策」

重要性が増している介護施設・クリニックの「停電対策」

近年、毎年のように「大雨・豪雨」「台風」「強風」に伴う被害が発生しています。中でも近年、目立って来ているのが「大規模停電」

広域エリアにて、停電が発生。しかも、通常の停電であれば「数日」で復旧するのですが、復旧までに「数週間」もの期間を要するケースが生じています。

ライフライン(電気・ガス・給排水など)の中で最も早く復旧するのが「電気」と言われているのですが、今後は「一週間程度」停電が続くことも念頭に対策を講じておく必要があるものと考えています。

電気の復旧スケジュール

介護施設・クリニックの停電対策に効果的な「蓄電池」とは!?

介護施設・クリニックの停電対策に効果的な「蓄電池」とは!?

「介護施設」などでは、夏場に停電となった場合、エアコンが使えなくなることは、死活問題となってしまうことがあります。

「クリニック」においては、自然災害発生時に通常よりも多くの来院者が訪れる可能性も。電力が消失している状況下では、必要最低限の診察も行えなくなってしまうケースも考えられます。

カルテなど様々な情報管理がパソコンで行われるようになっている状況にて、電力が失われていると必要な情報確認も不可能に。

そこで重要な要素となるのが

*非常用の電源の確保

です。

ただ、大規模病院や大規模施設であれば、施設設備として「非常電源(自家発電)」を設置することも可能かと思いますが、一般的な「介護施設」や「クリニック」などでは、自家発電装置を導入することは、現実的なものとはなりません。

そこで、おすすめとなるのが「家庭用&事業用の蓄電池」の活用です。

とはいえ、蓄電池にも機能性・特徴が異なる様々なタイプが存在。本格的な蓄電池の多くにて「設置工事(配線工事など)」が必要となっています。

介護施設やクリニックの場合、なかなか工事期間を創出することも難しいものですよね。

ゆえに、そんな介護施設・クリニックにて導入するのであれば

*設置工事(配線工事)不要の蓄電池

がおすすめとなります。

設置が簡単!配線工事不要のおすすめ蓄電池「3タイプ」

工事不要の蓄電池であれば、家電と同様に購入・配達されたその日から使用することができます。

また、「配線工事」が必要ありませんので、自由に蓄電池の設置場所を変更することが可能に。

この自由度の高さは、非常時にとても役立つ機能となります。

そんな工事不要の蓄電池には、機能性の視点から大きく「3種類」の蓄電池が存在しています。それが下記3タイプです。

1)必要最低限の電力確保を目的とした蓄電池
2)コンパクトサイズの標準的な電力確保が可能な蓄電池
3)十分な電力確保が可能な蓄電池

建築士の仕事を通じて、実際に利用状況を確認したことがあるアイテムの中から、実用性・機能性を考慮、現時点でおすすめの蓄電池を厳選してみました。

PRIME STAR「PR-HUG-400A」

PRIME STAR「PR-HUG-400A」

必要最低限の電力確保を目的とした蓄電池の中から、実用性の高さにて、おすすめなのがこちらの「PRIME STAR・PR-HUG-400A」です。

防災活動(自然災害)を通じて、存在を知ったのですが、持ち運びができる蓄電池として、大活躍していました。

プライムスターが開発した蓄電池。AC100Vコンセントから充電(AC充電)できるのは、当然事、ソーラーバネルから充電(ソーラーパネル充電)も可能となっています。

機能性・性能スペックの詳細はこちら(プライムスター公式HP)をご参照いただければと思います。

PRIME STAR「PR-HUG-400A」は現時点でこちらの楽天市場店にて最安値(¥170,594円 税込)で購入可能となっています。

nichicon「ESS-P1S1」

nichicon「ESS-P1S1」

コンパクトサイズの標準的な電力確保が可能な蓄電池としておすすめなのがこちらの「nichicon・ESS-P1S1」です。

箱形形状にて、少々デザイン性には、正直物足りなさがありますが、蓄電池としての機能性は十二分です。

京都市に拠点を構える ニチコン株式会社 が制作・販売しているコンパクト蓄電池。「W250×H380×D550mm」のサイズにて、机の下などに丁度納まるサイズ感となっています。

機能性・スペックの詳細はこちらのニチコン公式HPをご参照いただければと思います。

nichicon「ESS-P1S1」は楽天市場店にて「¥523,417円 (税込)」 の価格で販売されていますが、最安値で購入できるこちらの防災用非常用蓄電池ナビ(¥459,800円 税込)での購入がお買い得となっています。

Panasonic「LJ-SF50B」

Panasonic「LJ-SF50B」

十分な電力確保が可能な蓄電池の中でおすすめなのがこちらの Panasonic「LJ-SF50B」です。

パナソニックが開発・販売しているリチウムイオン蓄電システム。医療機器などを使用することを考えるのであれば、大容量&安定的な性能を発揮できるPanasonic「LJ-SF50B」の導入が望ましいかと。

機能性・スペック詳細はこちらのパナソニック公式HPをご参照いただければと思います。

本格的な大容量蓄電池としては、わりとお手頃価格と言える「1,408,000円 (税込)」となっています。

ただ、現在こちらのHPからなら、大幅値引き価格(857,000円 税込)で購入可能となっています。

まとめ

大規模停電が発生する機会が増えている状況にて、介護施設・クリニックなどでは、「停電対策」が急務となっています。

設置工事が不要の蓄電池は、手軽に利用できる最も効果的な停電対策となります。