外壁塗装リフォーム単価※見積もりに影響する【足場】とは!?

リフォーム

外壁塗装リフォームの足場

外壁塗装リフォームの「価格(費用)」にお悩みですか?

一般の方にとって、外壁塗装リフォームの見積もり内容を検証すること(価格検証)は結構難しいものです。

・見積もり項目として何が必要なのか?
・適切な工事単価とは?

といった要素がわからないと、そもそも工事費の見積もり検証はできないからです。

ここでは、建築士として、外壁塗装リフォームの見積もりにて重要な要素となる「足場」に関する検討ポイントをご紹介いたします。

外壁塗装リフォーム検討にお役立ていただければと思います。

外壁塗装リフォーム単価※見積もりに影響する【足場】とは!?

外壁塗装の足場

外壁塗装リフォームに限った話ではありませんが、工事費用(リフォーム費用)を事前にしっかりとチェックすることがとても大切な要素となります。

外壁塗装リフォームなおいても、見積内容をチェックした上で塗装業者を選ぶようにしたいものです。

”見積もりチェック”というと「費用」ばかりに目が行きがちですが、単価を確認する前にまずは「見積もり項目」を検証しておかなければいけません。

外壁塗装リフォームにおいて、重要な”見積もり項目”となるのが「足場」です。

外壁塗装の足場単価

外壁塗装の足場単価

昔は「足場無しで外壁塗装を行う」というケースもありましたが、現代において、「足場無し」での施工はありえないものと認識しておいていただければと思います。

  • 見積もりに「足場代」の記載がない
  • 「足場無し」となっている

こんな見積もりを提出してきた塗装業者は選ばないようにしたいものです。

”足場”は企業としての危機管理(コンプライアンス)としても、かならず必要となる要素。”足場無し”を提示してくるような業者は、信頼性に欠けるものと判断していただければと思います。

”足場代(費用)”は地域・時期(繁忙期)・資材価格変動によって、違いがあります。

ただ、適切な足場単価目安となるのが

  • ¥750円/㎡~¥1,000円/㎡

です。(壁の面積当たりの単価となります。)

一般的な規模の戸建て住宅(30坪程度)であれば、「約20万円程度」が足場代(足場費用)の目安となっています。

足場代が高くなってしまうケースとは!?

基本的には、上記に示した”足場代(単価)”目安を上回るのは、もちろんのこと下回っても、不適切な見積もり価格と判断していただければと思います。

ただし、下記に例示しているような特殊な住宅環境などが要因となって、足場代が高くなってしまうケースが存在しています。

  • 前面道路と住宅敷地とに大きなレベル差(段差)がある場合
  • 住宅前まで工事車両(足場運搬車)が到達出来ない時
  • 災害時など足場需要過多となっている時

上記のような状況下では、通常の足場単価よりも、単価が高めとなることを念頭にしておいていただければと思います。

足場の種類

足場の種類

外壁塗装リフォームに使用する足場には、下記3種類が存在しています。

  • 単管足場
  • 単管ブラケット足場
  • くさび緊結式(きんけつしき)足場

原則「くさび緊結式(きんけつしき)足場(上記写真)」を外壁塗装リフォームには使用するものと認識しておいていただければと思います。

「単管足場」や「単管ブラケット足場」は、隣接住宅との隙間空間が極端に狭い時などのみに使用されるもの。

”安全性””作業性”が欠ける足場となります。

ゆえに、見積もりに関連して「使用予定の足場の種類はなんですか?」と業者に質問をしていただければと。

きちんとした理由がない限り、「くさび緊結式(きんけつしき)足場」を利用すべきもの。正当な理由がないのに「単管足場」「単管ブラケット足場」を使用するような業者は避けるようにしていただければと思います。

工事中のトラブルが生じやすく、結果的に依頼者自身もそんなトラブルの影響を受けることになるもの。

自分の家にて、死傷事故などが起きるのは嫌ですよね。

外壁塗装見積もりの注意点!足場はかならず必要な要素です。

足場の必要性


外壁塗装リフォームの見積もりにて大切なチェックポイントをまとめると。

  • ”足場”は必要なものと認識。
  • ”足場”の種類は「くさび緊結式(きんけつしき)足場」を活用。
  • ”足場単価”は「¥750円/㎡~¥1,000円/㎡」が適切な範囲。
  • 住宅環境によって、足場単価が高くなるケースがある。

ということがわかっていただけたかと思います。

最後に、注意点の補足をひとつ。

外壁塗装業者の中には、悪徳な営業をしている業者が存在しています。

そんな悪徳業者の常套手段のひとつが「足場代無し」「足場代無料」をうたい文句として営業を行うこと。

実際、過去に建築士の仕事を通じて、何度かご相談いただいたことがあるのですが、「足場代なし」「足場代無料」にて見積提示してくる業者のすべてにて、何かしらの問題がありました。

特に注意しておいていただきたいのが

  • 現在、キャンペーン中のため「足場代無料」で対応しています。
  • 今、ご近所で塗装工事をしているため、その足場を活用(運送費などがかからないといった騙し文句)するので、足場代無しで対応します。

といった営業トークです。

上記は建築士として、ぜひ忠告しておきたいポイントです。

一般的に、”足場代”は”外壁塗装工事費用”の約15%~25%を占めるもの。無料になんかなるわけがないのです。

「無料です」といいつつ、結局他の工事項目に上乗せしているのです。

一般の方にとっては、”外壁塗装業者選び”は本当に頭を悩ませる要素となるものですよね。塗装業者の選び方に関しては、こちらの記事(建築士がおすすめの外壁塗装業者とは!?)にて記しておりますので、併せてご参照いただければと思います。

併せて読みたい関連記事

  1. おすすめの外壁塗装業者!東京・神奈川・埼玉・千葉が対象エリア
  2. 外壁(塗装)のメンテナンス。建築士がおすすめ出来る外壁塗装業者とは?!
  3. 建築士が語る※失敗しない外壁塗装の色選び!【経年変化】