防水パンの設置工事※おすすめの施工業者をご紹介します!

住宅の使い方

防水パンの設置

新築住宅を購入して洗濯機用の防水パンが無い?防水パンを設置したいんだけど、どこに依頼して良いかのかわからないという方へ

私が建築士として、おすすめ出来る施工業者(施工店)をご紹介したいと思います。

防水パンを設置することで、日々の洗濯機周りのお手入れがかなり楽になりますからね。

防水パンの設置工事※おすすめの施工業者をご紹介します!

”お部屋全体のリフォーム””浴室・洗面所のリフォーム”を行うのであれば、「工務店」「浴室専門の施工業者」などに依頼をするのが良いのですが・・。

「防水パンの交換・設置」のみといった、部分的な軽工事の場合、どこに依頼したらよいのか迷うものですよね。

通常のリフォームと同じ様に考えて、「工務店」などに依頼してしまうと、かなり割高となってしまうケースが多いもの。同じリフォームといっても、規模・内容・部位によって、それぞれ適切な施工業者は異なるものなのです。

「防水パンの交換・設置工事」は軽工事に分類される要素。そんな軽工事に適した施工業者をご紹介したいと思います。

「防水パンの交換・設置」に適した施工業者

建築士として、実際に様々な工事に対応してきた経験から考えると軽工事の依頼先として、適した業者の条件となるのが

  • 地元の施工業者(もしくは、居住地隣接エリア)
  • 中小規模の施工業者
  • 臨機応変な対応が取れる業者
  • 広告宣伝活動(CMなど)は行っていない業者
  • 「現地調査」と「見積もり」を無料で対応してくれる業者

となります。

1.「地元の施工業者」であること。

軽工事の依頼先としては、なんといっても地元の施工業者を選びたいものです。

「機動力の高さ」という要素もありますが、「軽工事の依頼実績を積んでおく」ということがポイントとなるからなんですね。

戸建て住宅に住んでいれば、”時間経過による劣化”はかならず生じますし、”地震・台風などによる住宅損傷”なども生じる可能性があるわけです。

そんな時に、すぐに手配できる施工業者を知っておくことは、住宅の維持管理をする上でとても重要なこと。

「防水パンの設置工事」を通じて、地元の施工業者と繋がりを持つことが有効な要素となるものです。

2.「中小規模の施工業者」であること。

「防水パンの設置工事」という施工規模を考えると、”中小規模な施工業者”へ依頼する方が、快く、仕事を受けてもらえるものです。

大規模な施工業者や営業範囲の広い施工業者の場合、「防水パンの設置工事」などの軽工事は、地元の中小規模の施行業者へ再委託(下請け)することになるものです。

結局、実際の仕事をするのは、地元の施工店(中小規模)なわけです。

だったら、最初から、地元の施工業者に依頼した方が良いにきまっていますよね。

3.「臨機応変な対応が取れる施工業者」であること。

これは、前項の「1」と「2」に関連した内容となります。

「防水パンの設置工事」に関しては、”工事日程””追加対応”など何かと臨機応変な対応が求められるものです。

急な予定が入ってしまい、時間をずらしたいと思うようなこともありますからね。そんな臨機応変な対応を取れる業者というのは、「1」「2」となるわけです。

4.「広告宣伝活動を行っていない業者」であること。

基本的に、広告宣伝活動を行っている業者というのは、それだけ「沢山の経費」をかけていることとなります。

その”経費(宣伝費)”は結局、「工事費」に含まれることに。

「防水パンの設置工事」といった軽工事においては、そんな経費が工事費の大きな比率を占めてしまうこととなりかねないわけです。

適切な価格(安く)で工事を依頼するために、大々的に広告宣伝を行っていない施工店を選ぶのがおすすめとなります。

5.「現地調査」「見積もり」は無料で対応してくれる業者

これも、前項までの要素と関わることとなるのですが・・。防水パンの設置工事をする上で、まずは「現地調査」が必要となります。「排水管の状況」を確認しておく必要があるからです。

現地調査を行った上で”見積もり”を作ることが可能となるもの。

その時、遠方地域の施工店ら依頼してしまうと「現地調査のための費用」がかかるケースがあるのです。(数千円程度)

軽工事を依頼する上で”現地調査の費用”がかかってしまうことは、費用負担の割合が大きくなってしまいますよね。

ですから、”現地調査””見積もり”を無料で行ってもらえる施工業者に依頼することも大切なポイントとなるのです。

おすすめの「施工業者」のご紹介

私は関東エリアにて活動しているため、おすすめ対象となる施工業者は、必然的に関東周辺の業者となります。

当然の事ながら、実際に仕事上、お付き合いをしたことがある施工業者でないと、その良しあし・特徴を検証・判断することが出来ませんからね。

その上で、「防水パンの設置工事(軽工事)」に適した施工業者として、おすすめしたいのが、こちらの”イエコマ”というサービス(業者)です。

イエコマへの防水パン設置の見積もり依頼はこちらから。

※対象エリア:宮城県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・静岡県・愛知県・岐阜県(美濃地方のみ)

対象エリアは上記となっています。

イエコマは、各地域の中小施工業者と提携(連携)、ネットワークを形成したオンライン施工サービスとなっています。

「軽工事」に特化した施工サービスとなっているのが特徴。

特化型施工業者であるがゆえに

  • 価格体系がとてもシンブル&リーズナブル
  • 臨機応変な対応
  • どんな些細な相談にも応じてくれる気軽さ

が魅力なんですよね。

特化型施工業者の特徴して、「工事種別(行いたい作業内容)ごとのページ」が設けられており、対象工事に関した、”手順”や”関連情報”なども知ることができるようになっています。

防水パンの設置工事に関するページはこちらにありますので、一度、ご覧いただければと思います。

防水パン設置工事の費用の目安は?

基本的に、防水パン設置工事には、下記4つの費用がかかることとなります。

  • 防水パンの本体価格
  • 排水管の切り回し費用
  • 作業費用
  • 消費税

ちなみに、防水パンを設置するなら、おすすめなのが「かさ上げ防水パン」と呼ばれるもの。具体的な内容はこちらの記事(防水パンを設置するならサイズは「700×640」が最適!)に記していますので、ご参照いただければと思います。

「排水管状況」によって、費用が大きく変化しますが、防水パン設置工事の費用目安としては、「¥20,000円~¥50,000円」となります。

併せて読んでおきたい「洗濯機」関連の記事

  1. 最新「防水パン」事情!防水パンは必須アイテムに。
  2. 洗濯機でビリビリ感電!?こんな症状が出たら寿命です
  3. 防水パンを設置するならサイズは「700×640」が理想的!

住宅の使い方工事, 洗濯機, 防水パン

Posted by baum