新築マンションの「不具合対処」事例01:フローリングの浮き|内覧会同行

不具合事例

新築マンションの不具合対処

「業務上の機密保護(個人情報など)」の観点から、具体的な情報は、記することは出来ませんが、過去に行った内覧会同行調査を通じて体験した「新築マンションの不具合対処の事例(01)」をご紹介したいと思います。

マンション内覧会から一年後の出来事。「フローリングの浮き」に対する手直しトラブル。

当方の内覧会同行サービスをご活用いただいた方(東京都の新築マンション)から、約一年後のある日、メールにて連絡をもらいました。

リビング窓際のフローリングを踏むと”軋み”がはっきりと感じられるようになるとともに、”フローリングが浮いているのではないか?”と感じたので、丁度「1年点検」の時に、施工者に修繕(無償)を依頼したのですが・・。

「これは経年変化で良くあることなので、”無償”での修繕は出来ませんが、”有料”にて補修することは可能です」

と施工担当者から言われました。

とても、納得が出来ないので、どうしたら良いでしょうか?

このような、ご相談をいただいたんですね。

と・・いうのも。

もともと、「いわくつき」といいますか、内覧会時に、私が指摘していた箇所(フローリングの施工状態)の出来事だったのです。

そのことを、覚えてくださったようで、私のところにご相談をいただけたのです。

対応策:「内覧会時に建築士を同行検査を行ったこと」及び「指摘事項であったこと」をアピール。

内覧会検査を行うための技術・経験

実は、過去にも何度か同様のご相談をいただいたことがあったんですね。

ゆえに、私は「フローリングに関するトラブル」は、”2年以内””3年以内”の補償期間中であったとしても、「経年変化の一要素」として、修繕をしてもらえないケースが少なくないことを認識していました。

そこで、現在、私は

「内覧会時」には、「補修対象の不具合とは認められなかった気になる要素」に関しても、なるべく、施工担当者&販売主と交渉をして、「将来的に不具合となる可能性のある状況が存在していること」を資料(内覧会時の指摘事項指示書)に記載してもらえるようする。

ことを心がけているのです。

この時も、「内覧会時の資料」に、「指摘があった内容」であることが記載されていたんですね。

そこで、お客様には

  • 「内覧会時に指摘があった要素」であることを、資料コピーと共に、施工担当者に送付。
  • 内覧会時に一級建築士の同行検査を行っていたこと、及び建築士(私)からの指摘であったことを私の「氏名」「コメント(今回の出来事に対する私の意見)」を先方に送付。

していただきました。

結果:案外あっさりと、修繕に応じていただけることとなりました。

実は、一応「次なる対策」を考えてはいたのですが・・。

後日、お客様から

  • 部分的なフローリングの張り替え補修に応じてくれることとなった。

ことのご連絡がありました。思いの外・・あっさりと、補修に応じていただけたのは、私にとっても嬉しい出来事でした。

フローリングの補修に応じていただけたのは、「内覧会時」に「指摘」と「第三者(一級建築士)」の存在があったからだと考察しています。

このケースで、「フローリングの修繕」に応じていただけた一番の要因は

  • 内覧会時の指摘要素となっていたこと。(資料で証拠が残っていること)
  • 内覧会時に「第三者(一級建築士)」が介在していたこと。

だと考えています。

「住宅トラブル」に関しては、

「販売主・施工者」vs「購入者」

という関係となってしまうんですよね。ほとんどのケースで「販売主」と「施工者」は常にタッグを組んだ状況となります。

「購入者」にとっては、とても不利な状況ですよね。

そのような、状況とならないようするための、ひとつの方策が「内覧会時に第三者(一級建築士)を同行すること」なのです。

「住宅の不具合を見つける」ことだけではなく、上記のような利点(メリット)もあるわけです。内覧会に第三者(一級建築士)を同行することは。

さらに、この時「ご相談」をいただけたように、内覧会時に建築士の同行サービスを活用しておくと、その後、「住宅に関して、何か相談したいこと」が生じたときの相談相手となってくることも、メリットとなるのではないでしょうかね。

私の場合は、当方の内覧会同行サービスをご活用いただいた方に対して、その後、「無期限」にて、電話やメール相談は無料にて(何か実働が必要となった場合には、有償にて対応)対応させていただいています。

「住宅の不具合」って、なかなか表面化してくるのには、結構時間がかかるものが多いものなのです。

 

  1. 「新築マンション」の内覧会同行サービス概要!
  2. 「一戸建て(建売)」の内覧会同行サービス概要!
  3. 内覧会同行サービス|一級建築士のおすすめマンション・戸建て検査!
  4. 内覧会同行(戸建・マンション)※価格※BAUMPLANNING一級建築士事務所

内覧会チェックにて見つかる「不具合事例」

 

  1. 建売住宅(一戸建て)の「不具合事例01」:排水管の未接続|内覧会同行
  2. 新築マンションの「不具合対処」事例01:フローリングの浮き|内覧会同行
  3. ※内覧会同行チェック※「玄関ドア」の不具合・確認ポイントは!
  4. ※内覧会同行チェック※「窓」の不具合・確認ポイントは!
  5. ※内覧会同行チェック※「壁」の不具合・確認ポイントは!
  6. ※内覧会同行チェック※「床」の不具合・確認ポイントは!

私(BAUMPLANNING一級建築士事務所)が行っている「内覧会同行サービス」の概要!

  1. 内覧会同行サービス|一級建築士のおすすめマンション・戸建て検査!

2018年11月26日不具合事例フローリング, 不具合, 内覧会同行

Posted by baum