※車庫の使い道※車庫を使わない時の新しい活用方法とは!?

住宅の使い方

機械式駐車場

今、都心部や都心近郊部の住宅地で、わりと・・家に車庫があるけど利用していない(車を処分してしまって、車庫を使っていない)という状況を見かけることがあります。

昔であれば、そんな空きスペースは「増築」に利用していたのでしょうが、今はどちらかと言えば「減築リフォーム」の方が需要がある状況ですからね。

そんな「車庫」「空きスペース」の新たな活用方法があることをご存じですか?

 

利用頻度の低い「車庫・空きスペース」の新たな使い道!

車庫の使い道

地方都市や農村部などでは、「車」は必需品。1台どころか、数台車を所有していることも珍しくありません。

対して、都心部・都心近郊部の住宅地では、車を所持している方が減少傾向とっなています。

  • 昔は車を所持していたものの、今はもう車に乗らなくなった。
  • 車を利用していた息子たちが独立。車庫を使わなくなった。

など、理由はいろいろありそうですが。

いずれにしても、住宅地の「車庫スペース」を利用していない(あまり利用していない)お宅が目立つようになったんですね。

これは、戸建て住宅に限らず「マンション」などでも、駐車場の利用が減っている・・・そんなマンションも少なく無いようです。

 

「車庫・空きスペース」を手軽に時間貸し出来るサービスが登場。

車庫の時間貸し

駐車スペースの時間貸しというと「コインパーキング」を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、コインパーキングのことではありません。

コインパーキングは、「ロック板や精算機」などを導入。設備投資をした上で駐車場としてきちんと整備し、ビジネス(駐車場業)として行うものです。

ここで、新たにご紹介する「駐車スペース(車庫)・空きスペースの時間貸し」というのは、もっと単純な仕組みのもので、設備投資などは一切なし。単に空いているスペースを時間単位で貸すというだけのものです。

ですから、事前に何か準備(場所の整備など)をする必要などもまったく無いんですよね。

もっと言えば、「車庫」として使っていた場所でなくても、「車一台分が停められるスペース」があれば、貸出の対象となります。

それどころか、「バイク一台分が停められるスペース」でもOKとのこと。少し広めの車庫だったら、今現在、車を利用していても、「バイク一台分」の空きスペースを提供することが可能だったりしますよね。

 

「車庫」を使っていない時だけ、貸し出すことが出来ます。

新たに登場した「駐車スペースの時間貸しサービス」がとっても利便性が高いな~と思うのが、「車庫を使っていない時だけ、時間貸しする」ことが可能だということ。

例えば

  • 数日間、車で旅行に出かけるから、その間だけ駐車スペースを時間貸しの対象とする。
  • 日中は車で通勤しているので、その間、車庫スペースを時間貸しとする。

といったことが出来るわけです。すごく効率的なサービスだと思いませんか!?

特に「日中、車通勤している方」などは、「駐車スペースの時間貸し」はすごく魅力的なサービスだと思うんですよね。何もしなくても、副収入が得られるわけですから。

 

手軽に利用できる理由!「投資コスト0円」「サービス登録料なども無し」「貸出義務も無し」

「空きスペースがある」「車庫を使っていない時間がある」「現在、車庫を利用していない」ならば、とりあえず、サービス登録だけでもしておかないともったいないのでは?と思うんですよね。

とりあえず、登録しておいても損は無いと感じるのは、下記理由があるからです。

1)とにかく、費用負担が一切ないこと。

これが一番大きなポイントですよね。お金が一切かからず、今すぐ始められます。従来の駐車場運営(コインパーキングなど)のような設備も一切必要ありません。「サービス登録料なども無し」ですからね。

単に売り上げが上がったら、そこから一定料率にて費用が差し引かれるだけですので。

 

2)「貸し出し」に関する特別な条件・義務が無いこと。

貸出日数・時間などにノルマなどが無いということも、手軽にサービス利用できる大きなポイントと感じています。あくまでも、自分自身で好きなように「日にち・時間・料金」を自由に設定できるのは、嬉しいことですよね。

 

3)ユーザー(利用者)とのやり取りが不要なこと。

ユーザーとのやり取りは全て、「サービス会社(特P)」が行ってくれます。ユーザーとのやり取りが一切不要なんですね。また、ユーザーは連絡先やクレジットカードを登録した方達ですので安心です。

 

4)もし万が一の事があっても、24時間コールセンターが対応。

ユーザーはもちろんのこと、貸出側にとって、何か「想定外の出来事」などが生じた時には、サービス会社(特P)の24時間コールセンターが問い合わせやトラブル時の応対を行ってくれるんです。これも大きな安心材料に。

 

駐車場シェアリングサービス「特P」

遅くなりましたが、ここまでお話したような新しいサービスを提供してくれるのが、駐車場シェアリングサービス「特P」です。

サービスの詳細は下記「特P公式HP」をご覧いただければと思います。サービスへの登録なども、公式HP上から、簡単に行えます。

↓↓↓

駐車場シェアリングサービス「特P」の公式HPはこちら。

 

本当に住宅街での貸し駐車スペースに需要はあるの?

貸し駐車スペース

*こんな駅からも遠くて、何もないような場所に「駐車スペースを時間借りしたい」という人はいるの?

まあ・・一見何もないような住宅街に、駐車スペースの需要があるのか?疑問に思うのも、とっても理解出来ます。

でも、そもそも「使っていない駐車スペースや空きスペース」ですよね。

何か投資コストが必要なわけでもないのですから、別に利用者がいなかったり、少なかったりしても、それはそれで何も問題は無いと思いませんか?

逆にサービス利用していなければ、「1円」も手に入ることが無いわけですから。

あまり、需要があるかどうかを気にする必要は無いものと思います。

とはいえ。

実際には、案外住宅地での「駐車需要」ってあるものなんですよね。需要がなさそうな住宅地に限って「コインパーキング」も無かったりするので。

  • 住宅地を訪れている営業車
  • 修繕業者などの業務用の車

など、結構、住宅街にて駐車場が無くて困っていたりするものなんです。(結局、路上駐車が増えることに)

その他にも、「特P」での実績情報を拾ってみると

  • 住宅街の公園の近く
  • 学校の近く

などは、かなり駐車場利用の需要があるようなんです。

また、季節・時期によっては

  • 子供たちが実家に車で帰省した時に駐車場が無い

といった需要も結構あるようなんです。

もちろん、周辺地域に

  • 中小の事務所
  • 野球場などの施設
  • 市役所などの公共施設
  • パン屋さんなど人気のお店

などがあるようなら、需要大ですからね。

 

駐車スペース貸し出しの収入事例。

本格的にスペースの貸し出しを行うのか、そうではないのかによっても、収入は当然大きく異なりますし、設定条件(時間・料金)によっても、変化しますので、状況はかなりまちまちのようですが。

需要の少ない状況(儲かっている事例を出してもあまり意味はないので)を主に事例をピックアップしてみましたので、ご参考に。

 

車庫貸し出し事例

 

車庫貸し出し事例

 

車庫貸し出し事例

↓↓↓

駐車場シェアリングサービス「特P」の公式HPはこちら。

「家・住宅設備の使い方」の関連情報!

  1. 最新「防水パン」事情!防水パンは必須アイテムに。
  2. マットレス・敷布団のフローリング直敷き利用!工夫と寝具アイテム
  3. 「プロパンガス」の賢い活用方法!家計&災害対策に。
  4. 正しい”網戸”の使い方をしていますか?網戸の機能を活かしましょう。
  5. 日本の住宅に適した”ベッド配置”とは?!寝室の効果的なレイアウト。
  6. ホームセキュリティー(防犯)はスマホ登場で魅力&実用性がUP!
  7. 賃貸住宅経営・民泊などに必須な部屋の「臭い&除菌」対策とは!
  8. 洗濯機でビリビリ感電!?こんな症状が出たら寿命です

2018年10月28日住宅の使い方空きスペース活用, 車庫

Posted by baum