正しい”網戸”の使い方をしていますか?網戸の機能を活かしましょう。

住宅の使い方

網戸の正しい使い方

寒さが緩んで、暖かな日が多くなってくると、窓を開けて空気の入れ替えをしたいものですよね。

今は「24時間換気システム」が設置されていますが、時折、窓を開けて、室内の空気を大きく入れ替えることは、家を長持ちされるためにも大切な要素となるものです。

”網戸”を正しく使用することができていますか?

窓を開けて、空気の入れ替えをするときに、活用するのが「網戸」ですよね。

新築建売住宅の場合、基本的に”網戸”が設置されていない状態で販売されているケースが多いので、”網戸”はオプションで設置する必要があったりします。

ゆえに、もしかしたら、お部屋によっては、網戸の無いまま、使用している方もいるかもしれませんね。

住宅には、様々な”機能”があります。

でも、案外、多くの方が「住宅の機能」「適切な使い方」を知らないまま、過ごしていたりするものなんですよね。

”住宅”って、あまりにも身近な存在で、「見栄え」を意識することはあっても、「住宅設備」や「遮音性」を除くと、「その他の機能性」に関しては、あまり意識する機会が無かったりするもの。

『網戸』もそんな機能性要素のひとつです。

でも、”網戸”の使い方なんて・・・特別なことはないでしょ。

と思う人の方が多いかもしれませんね。

しか~し。”網戸”を正しく使用していないと、網戸の役割が果たせずに、”虫”が室内に侵入してくることになるんですよ。

ポイントは、「窓の開け具合」にあります。

”片開き窓”での話となりますが・・。なんとなく、網戸を利用する時に、”窓を半開き”状態としていませんか?

  • 外から風が入り過ぎても嫌だし
  • 窓を全開にしなくても、換気するのには十分でしょう。

といった思いもあって、たぶん、”窓を半開き”にした状態で網戸を活用している方が多いのではないかと思うんですよね。

でも・・「向かって左側の窓を半開き」で使用していると

虫が入ってきてしまいます!(笑)

それは、何故かというと。試しに、窓を半開きの状態にて、網戸を閉めてみてください。その時、窓の側面から「網戸と窓の間」を覗いてみると・・。

しっかりと外気と繋がる隙間があるのに気が付くかと思います。

そう。実は、網戸の大半(網戸固定型などの場合、問題の無いケースも少なからずあります。)が「片側の窓を全開にしたときに、隙間がなくなるように作られている」のです。

基本的に”網戸”は窓を全開にして使用するもの(片開き窓の場合)

なのです。

ただし、「窓を半開」して使用したいときには、”網戸”を室内から向かって「右側」に設置して、右の窓を開ければOKです。

家の作り手側(設計者、施工者など)にとっては、すごく当たり前の要素として認識されているのですが、住まい手側にとっては、そのような”使い方”情報を聞く機会がなかったりします。

実際、住宅内覧会時に、「網戸はこのように使ってください」といった説明もほとんどありませんから。

使い方の説明を受けることが無いのですから、知らないのも、ある意味当然の出来事と言えますよね。

片開き窓(引き窓)は、左側の窓を開け閉めして活用したほうがいいかも。

片開き窓

実は、”網戸”に関連して、もうひとつ知っておくと良い、使い方があります。

それが、片開き窓の場合、出来れば”向かって左側の窓を開け閉めする”ようにするといいんですよね。

といっても、それは些細な事。単に、「右利きの人」の方が多いので、「左側の窓」の方が開けやすい・・というだけのことです。(大した話ではなく、すみません)

 

窓を半開で使用したい場合は「右の窓を開け閉めする」ということだけ、覚えておいていただければOKです。

”網戸”のメンテナンス。網戸の補修におすすめのサービス。

住宅に関するちょっとしたメンテナンス&補修って・・どこに依頼すればいいのか?

案外、悩むものですよね。

私のような、建築士など住宅建設に携わっている人であれば、さまざまな業者を知っていたり、その良しあしを見極めることも出来ますが、一般の方にとっては、住宅メンテナンスの依頼先を探すのは、大変な出来事と感じるものと思います。

  • 網戸の補修・メンテナンス

などは、特に、どこに依頼をすればいいのか・・。悩みどころとなりそうです。

戸建住宅に限定した話となりますが、「網戸の補修・メンテナンス」を依頼するのではあれば、こちらの『イエコマ』がおすすめです。

一般的な工務店・施工業者に依頼するには、”網戸の補修”は些細な要素となりますので、費用が割高となるもの。

とはいえ、”街の便利屋”に依頼するには、専門的な要素に欠けるので、価格は安くとも不安がありますからね。

それに対して、イエコマは、住宅のメンテナンスに特化したサービスを提供している業者。

それゆえに、なんといっても、「価格が安く」。しかも、サイト上からも、価格が確認できる明瞭な価格体系となっていますので、気軽に依頼しやすいのが、大きな魅力となっています。

私も、リフォーム計画のご相談などに関連して、時折、活用。便利さとサービス内容には、十分満足しています。

日常的な”網戸”のお掃除。

近年、「固定された網戸」も増えています。マンションの高層階など

網戸の掃除をどうやって行えばいいの?

と悩みを感じている方も少なくないのかもしれませんね。

そんな”網戸を外せない”状況では、網戸をそのままの状態で掃除する必要が生じるもの。

そのために、最適なのが「マイクロファイバーを使用した掃除アイテム(モップ)」です。

マンションなどの工事現場でも、網戸の掃除に活躍しているのが”マイクロファイバー仕様のモップ”ですからね。

水にぬらさなくとも、使用できるのがポイント。

マスクロファイバーの細かな繊維が、網戸の目にきっちりと入り込んでくれて、網戸の埃を取り去ってくれるんです。

マンションなどでは、水拭きしようとすると「水が下階へ滴り落ちてしまう」ことが気になったりしますよね。

そんな状況の網戸に対しては、マイクロファイバー仕様のモップで乾拭き掃除をすると、とても楽です。当然、網戸は付けたままの状態で掃除が可能。

ちなみに、私は、こちらのマイクロファイバー仕様のワイパーを活用しています。

価格だけで言えば、もっと安い商品もありますが、高いところも対応できて、しかも、とつても軽いのが魅力だったんですよね。

「網戸」の関連情報

  1. 網戸の張替え料金!相場と最安値を建築士がご紹介。

「家・住宅設備の使い方」の関連情報!

  1. 最新「防水パン」事情!防水パンは必須アイテムに。
  2. マットレス・敷布団のフローリング直敷き利用!工夫と寝具アイテム
  3. 「プロパンガス」の賢い活用方法!家計&災害対策に。
  4. 正しい”網戸”の使い方をしていますか?網戸の機能を活かしましょう。
  5. 日本の住宅に適した”ベッド配置”とは?!寝室の効果的なレイアウト。
  6. ホームセキュリティー(防犯)はスマホ登場で魅力&実用性がUP!
  7. 賃貸住宅経営・民泊などに必須な部屋の「臭い&除菌」対策とは!
  8. 洗濯機でビリビリ感電!?こんな症状が出たら寿命です

2018年10月28日住宅の使い方網戸

Posted by baum