内覧会同行

現代住宅は戸建のみならず、マンションも床の大半が「フローリング仕様」となっています。絨毯仕様の床などと比較すると、フローリング仕様の床には丁寧な施工が求められるもの。ただ、残念なことに工事を急ぐあまり、丁寧さに欠け、不具合が生じやすい部位となっています。

内覧会同行

外部空間と室内空間を結ぶ「窓」は、住宅にとって、多くの機能を担っている要素のひとつです。それゆえに、まずは、多様な機能が満たされているかどうか、細かな視点からチェック・確認する必要があるポイントに。

内覧会同行

一戸建て(建売住宅)。新築マンションの内覧会同行サービス(建築士の立会い)が何故、必要とされるのか?!その根幹となっているのか「住宅トラブルの増加傾向」なのです。瑕疵期間があるからと安心するのは危険なこと。不具合を修繕して貰えない・・そんなトラブルが少なくないのです。

不具合事例

竣工後「4か月程度」経過した建売住宅にて見つかった施工ミス「排水管の未接続」

近年、「建売住宅」といっても、まだ未施工の段階で、建売の仮契約をしてから、工事を開始する、もしくは「工事中」に販売開始する・・いわゆる「売建」の物件が多くなってきていますが・・。

今回の事例は、建物完成後、 ...

不具合事例

当方(バウムプランニング一級建築士事務所)にて行った、新築マンションの内覧会同行サービスを通じて、体験した「不具合の対処事例:ケース01」のご紹介です。